フライフィッシングと私

フライフィッシングを再開しました。初心に帰り一歩ずつ前に進みます。

フライキャスティング~ドリフト②

youtu.be

 

今までの流れ

フライフィッシングを始めてもう何年になるだろうか。結構な年月が過ぎ去った。では腕はと言うと、これが全くなってないのだ。何回かはその道のプロに教えを乞うた。しかし基本的には自己流なのだ。キャスティングに悪いクセが着いてしまい難儀している。

そこで今シーズンは基礎からキャスティングを身につけようと頑張っている。自分のキャスティングを動画に撮影して、しっかり研究するのだ。ただ現場で確認することが難しく、家に帰ってきてからキャスティングの悪い点が分かるのだ。そしてその修正は次の機会になってしまう。

今の方法ではやむを得ないのかなと思っている。しばらくは、このままの方向で行こうと思う。

前回の反省

ドリフトを目標にしたのだが、ドリフトは出来ずそれ以前に出来ていたキャスティングも怪しくなった。コンパクトなキャスティング、ゆっくり振ることも出来てない。新しい事を積み上げることは難しい。諦めないでコツコツ積み上げることを目標にしたい。

今日の目標

  • コンパクトに振る
  • ゆっくり振る
  • ドリフトをしてみる

まずは前回までのおさらいから。大振りしない様にコンパクトに振ること。そしてゆっくり振ること。ここから始めて、できるようになったらドリフトを取り入れてみる。

※ドリフトというのはキャスティングのストップのところで、ロッドを送ってやることをいう。アークが稼げ

る。

今日の反省

  • コンパクトに振れていた
  • ゆっくり振るのは微妙
  • ドリフトは取ってつけたよう

コンパクトに振るのは身体に入ってきた。力まなければできると思う。ロングキャストを狙うと大振りになる。だから時にはロングキャストを狙ってから通常の距離に戻せば、コンパクトなキャスティングになる。

ゆっくり振るというのは徐々に加速するということ。ロッドティップの曲がりがストップの時に最大になるように振ることだ。

ドリフトはやってみたが全くなってない。ストップした後でロッドを送るのだが、なかなかタイミングが難しい。イメージトレーニングとパントマイミングをしっかり行いたい。

次回に向けて

  • 上手な人の動画を見る
  • イメージトレーニングを行う
  • パントマイミングをしっかり行う

ドリフトというものが、まだよく分かってないと思う。動画で見て納得し、頭の中でイメージトレーニングを行い、パントマイミングで身体に覚えさせる。この流れで身につけていきたい。

 

#フライフィッシング#初心者#フライキャスティング

フライフィッシング~ドリフトに挑む

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを初めて長い時間が過ぎた。自己流の練習で良くない癖がついてしまい悩んでいる。

遠くへ飛ばせないし正確なキャスティングも出来ないのだ。これでは実際の釣りで成果を出すのは難しい。

それで一念発起してキャスティング練習を基礎から行おうと考えた。

動画を撮影してキャスティングの癖を確認して、修正しようと思うのだ。そこでタックルをコロコロ変えるのは良くないと考え6番ロッドで練習している。

動画をその場で見て欠点や弱点を修正できれば良いのだが、スマホの画面では見づらい。屋外の明るい所ではほとんど不可能だ。

それで家で動画をチェックすると欠点がよく分かる。ただし修正は後日になってしまう。その場で修正できれば早く上達するのだが...

仕方がないので現地ではループの形を見てチェックすることにした。

 

今日の練習

  • ドリフトの練習
  • コンパクトに振る
  • ゆっくり振る

ドリフトの練習をしようと思ったのはレイダウンの時に腕を前方に突き出している。それを修正しようと思ったからだ。私のキャストはピックアップでストップしてその後クリープしてしまう事が多い。

ロッドの振動を抑えようとする気持ちから、この動きになっているのだ。クリープはラインが引かれる方向とは逆の方向に動かすので効率が悪い。そこでストップ、ポーズ、ドリフトの順にキャストしようと思う。

クリープとドリフトについて

フライキャスティングの動きというのは、バックキャスト-ストップ-ポーズとフォワードキャスト-ストップ-ポーズを繰り返す。この中でポーズの時間にロッドをラインの動きを打ち消す方向に動かすことをクリープという。逆にラインに逆らわずラインの方向に動かすことをドリフトという。

クリープを行うと次の動きが難しくなる。ドリフトは送りともいうがこれを行うと次のアクションがラクになる。

 

今日の反省

  • ギクシャクしている
  • コンパクトに振れてない
  • ゆっくり振ることも出来てない

 

ドリフトに気を取られてコンパクトなキャスティングが出来ていなかった。腕も上の方まであがりすぎていたし。力んだということか。イメージトレーニングが不十分なみ練習に行ってしまった。パントマイミングをしっかり行い身体に動作を覚えさせたい。

 

次回に向けて

  • コンパクトな振る
  • ゆっくり振る
  • ドリフトも行ってみる

諦めないでパントマイミングをしっかり行い、練習に出かけること。そして動画で腕の位置や動きをチェックする。またループの形をよく見ることなどに気をつける。家の中でのイメージトレーニングが大切かな。頑張りたい!

 

#フライフィッシング#基礎練習#フライキャスティング

 

フライフィッシング今日の練習 22/6/8

youtu.be

 

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長い時間が過ぎた。キャスティングレッスンを何回か受けてきた。しかし基本的には自己流だ。悪いクセがついてしまい苦戦してしまっている。

今年は一念発起してキャスティング練習をみっちりとしている。動画に撮って1人反省会を開いている。

基本的な所がダメなので中々前に進まない。3月に始めてまだピックアップレイダウンを練習している。ここが大切な所なのだが、最近は少し飽きてきた。楽しくないんである。渓流釣りに行きながら頑張りたい!

傾向
  • ピックアップが急激
  • 加速がスムーズでない
  • ストップでリストを開いている
  • 大振りしてしまっている
対策
  • コンパクトに振る
  • ゆっくり振る
  • リストは閉じたままにする
  • ロッドを握りしめない

などを考えている。

 

今日の課題

  • コンパクトに振る
  • ゆっくり振る
  • しっかり止める

コンパクトに振るのはピックアップのトップ位置を低い位置に止めることにする。具体的には右手の位置をアゴから耳の辺りとする。

ゆっくり振るのはロッドをゆっくり持ち上げて、10時の位置辺りから加速して行くことを目標にする。

しっかり止めるのはストップの位置でグリップを握り込むことで達成する。

 

今日の反省

  • コンパクトに振る-まずまず
  • ゆっくり振る-課題が残る
  • しっかり止める-出来ていない
  • その他-レイダウンのタイミングが早い

コンパクトに振ることは意識すれば何とかできるようになった。リストは開くが...

ゆっくり振るのはまだまだだ。加速する位置が早すぎる。そのためストップ位置でロッドの曲がりが最大になっていない。徐々に加速が出来ていないのだ。もう少しクロックシステムを意識すれば良くなるだろうか?

しっかり止めるのも加速がダメなので、自動的に出来ない。最後にロッドを握り込む習慣を作りたい。

レイダウンのタイミングが早すぎる。フライラインが伸びきった状態で次の動きをしたいと思う。

次回に向けて

最大の課題はモチベーションだ。ちょっと練習がイヤになってきている。何とかして気分を上げていきたい。最大の理由は釣りに行けないことだと思う。梅雨も入りそうなので深刻だ。

YouTubeを観たり雑誌を観たりして気分を上げていきたい。

#フライフィッシング#初心者#フライキャスティング

 

 

 

フライフィッシング 今日の練習22/6/2

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長い時間が経過した。もうベテランと呼ばれるキャリアだ。しかし自己流でこの釣りを行なって来たため、変なクセが着いてしまった。

そこで今シーズンは基礎であるキャスティングを練習し直すことにした。むやみやたらに振り回しているので、ロングキャストができない。

また正確なキャスティングができないので、ストリームの釣りで苦戦する。

基本のキャスティングであるピックアップ・レイダウンから修行をやり直しだ。目標はフルラインキャスティングだ。技術を身につけて目標を達成したい。

 

前回の反省

①ループの幅は細くなってきた

②ループの形はもう一歩

③ポーズがしっかり出来てない

 

ポーズが短くラインがターンオーバーする前にレイダウンしてしまっている。じっくり待ってからレイダウンを行いたい。

 

今日の課題

①コンパクトに振る

②ゆっくり振る

③ポーズは適正に

 

主なテーマはポーズをしっかり取ることなのだ。そこに気を取られてコンパクトに振ることと、ゆっくり振ることを忘れないようにしたい。

チェックポイントはループのカタチだ。タイトループを目指す。アッパーレグが真っ直ぐになるように。

ポーズからレイダウンを行うタイミングは、ループが真っ直ぐに伸びきった状態が良い。今まではループが伸びきる途中でレイダウンを行なってしまっている。ここを改善したい。

これでは効率が良くないので、ループを伸ばすようにしたい。

 

今日の反省

①ピックアップで腕が上がりすぎる

②乱暴に振り回している

③ループに勢いがない

 

ストップが曖昧なのでループに勢いが無い。勢いが無いために無理に振ってしまう。そのためピックアップで腕が上がりすぎる。このような流れかと思う。この悪循環を断つために課題を設定したのだが出来ていない。

そのため今日の課題にもう一度取り組まなくてはならないと思う。飛ばすことよりも滑らかにロッドを動かす事を優先したい。

 

次回の課題

①コンパクトに振る

②ゆっくり振る

③しっかり止める

 

これらの動作をリズム良く行えるようにする。身体がキャスティングのリズムを覚えるように練習する。また動画チェックを効率的に行う。練習の途中でこまめに動画チェックをして課題と実際との隔たりをかくにんしながら行う。

練習が少しマンネリ化してきたので、達成感を味わえるよう工夫したい。

フライフィッシング#初心者#フライキャスティング

 

 

フライフィッシング今日の練習 22/5/28

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを始めてかなりの日時が経過した。止水の管理釣り場を中心に釣りをしてきたが、基本が出来ていないことを痛感した。狙ったところにフライを打ち込めなかったり、遠くの魚には届かないのだ。

 

止水ではある程度釣りになっているが、ストリームではお話にならない。キャスティングに自信がないものだから他のことに意識がいかない。だから木の枝や自分の身体にフライを引っ掛けたりするのだ。またラインをたぐる事まで意識がいかず合わせが決まらない事も多い。

 

キャスティングの練習も結構したのだが自己流に近く、なかなか成果に結びつかなかった。フライフィッシングでキャスティングに問題があると、なかなか釣果に結びつかず悔しく思うことも多い。

 

そこで今年はキャスティングを磨くことにした。もう一度基礎から練習して一人前のキャスターになるのだ。

先回の反省

①現状の問題点を明確にすること

②課題をしっかり立てること

③練習中にも課題を意識すること

 

現状の問題点はループの形が整っていないことだろうか。もう少し練習をしながら考えていきたい。課題も以前ほど明確になっておらず漫然と練習に臨んでいる。これではいけないと思う。

 

練習中に課題を意識するのは比較的に出来ている。練習中に動画をチェックすれば課題ははっきりしてくる。

 

今回の課題

①コンパクトに振る

②後ろに倒し過ぎない

③しっかり止める

 

課題の立て方に問題があるのかもしれない。兎に角これらを目標に頑張らなくては!

 

コンパクトに振るのは、大振りをしないためである。飛ばそうとする意識ばかり強くてつい大振りになってしまう。そのためにコンパクトに振ることを心がけた。

 

後ろに倒し過ぎない。ピックアップの最後にリストを開く癖がある。形としてはロッドを倒し過ぎないようにすることが大切だ。倒しすぎるとワイドループになる。

 

しっかり止める。ループの形をしっかりとしたものにする。そのためにはストップを意識したい。ふわっと止めないようにしたい。

 

今日の反省

①ループの幅は細くなってきた

②ループの形はもう一歩

③ポーズがしっかり出来てない

 

ピックアップの止める位置が良くなってきた。1時の位置で止められている。バックでのループの幅は狭くなってきた。

 

その一方でループの形が良くない。アッパーレグが波打っている。スムーズな加速が出来ていないのだろう。

 

そして大問題なのがピックアップのポーズがしっかり出来てないことだ。ラインが後方に伸びきる前にレイダウンの動作を行なっている。

 

だからクリープと言われる現象を引き起こしている。ストロークを無駄にしてしまっている。ラインの勢いを削いでいる。これは是非とも直したい。

 

#フライフィッシング#初心者#フライキャスティング

 

フライフィッシング今日の練習22/5/23

youtu.be

 

今までの流れ

フライフィッシングを始めてかなりの日時が経過した。止水の管理釣り場を中心に釣りをしてきたが、基本が出来ていないことを痛感した。狙ったところにフライを打ち込めなかったり、遠くの魚には届かないのだ。

 

キャスティングの練習も結構したのだが自己流に近く、なかなか成果に結びつかなかった。フライフィッシングでキャスティングに問題があると、なかなか釣果に結びつかず悔しく思うことも多い。

 

そこで今年はキャスティングを磨くことにした。もう一度基礎から練習して一人前のキャスターになるのだ。

 

前回の反省

①ゆっくり振れるようになってきた

②しっかり止めることは出来ない

③リストが開きがち

④バックキャストの止める位置に注意

 

ふっくり振って、しっかり止める。リストは開かないように注意する。バックキャストを倒し過ぎない-アークのコントロール

 

今日の課題・・・ピックアップ・レイダウン

①ゆっくり振る

②コンパクトに振る

③後ろに振り過ぎない

 

ピックアップで乱暴に振るとループが上方に上がり過ぎたり、ワイドループになったりしやすい。そこでピックアップのスタートでゆっくり振ることを心がけている。これは少しずつではあるが身についてきたと思う。

 

コンパクトに振る。これはピックアップのストップでロッドハンドが高く上がりすぎる。これを防ぐためにコンパクトに振ることを心がけている。これはまだ身についてなくて、油断すると大振りになってしまう。

 

後ろに振り過ぎない。これはバックキャストのストップを倒し過ぎてしまう事が多い。そうするとワイドループになってしまうので気をつけている。これも身についてなくて、油断するとリストが開きバックに倒れている。

 

今日の反省

①ゆっくり振ることができた

②コンパクトに振ることがまあできた

③後ろに振り過ぎない-どうだろう、まずまずかな?

 

今日の練習では、ループの形が以前より良い形になってきた。ワイドループが改善されてきた。以前はループなの?と言うぐらいワイドループだった。

 

反省点としては、リスト中心で振ってしまいがちなこと。腕全体をうまく使いしっかりしたループを作っていきたい。

次回に向けて

①現状の問題点を明確にすること

②課題をしっかり立てること

③練習中にも課題を意識すること

 

練習中にも自撮りした動画をしっかり確認していきたい。練習中はともすれば無我夢中で振ってしまいになるが、今行っていることの意義を確認しながら行いたい。キャスティング中はループの形が大きな指標になるので、ループの形は常に確認しておきたい。

 

#フライフィッシング#フライキャスティング#初心者

フライフィッシング 今日の練習22/5/18

youtu.be

 

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長い時間が経過した。しかしキャスティング技術が拙く釣りは思うようにいかない。

 

原因がキャスティングにあることはハッキリしているので、キャスティング技術を磨こうとしている。

 

ただ独学では時間がかかるし、間違った癖がついたりもする。そこで動画を撮影して客観的に見ることにした。そして折角なのでブログに記録することにもした。

 

そんなことで、このブログは私の練習記録になっている。

 

今日の練習目標

 

基本的にピックアップレイダウンを行う。

  • ゆっくり振る
  • しっかり止める
  • リストを開かない
  • 止める位置が高くなりすぎない

 

ゆっくり振る目的は、キャスティングにおいてパワーを早く入れ過ぎるとループの形が乱れる原因になるからだ。ゆっくり振ってナローループを作りたい。

 

しっかり止める。しっかり止めることでキレイなループを作りたい。ストップの時にグリップをグッと握って鋭いループを作りたい。

 

リストを開かない。バックキャストの後半でリストを開くクセがあるので、意識して開かないようにしたい。開き過ぎるとロッドが後方に倒れすぎてしまい、ワイドループの原因になる。注意したい。

 

止める位置が高くなりすぎない。これはバックキャストの最後にロッドを止めるのだが、腕が高くなり過ぎる。すると次に行うフォワードキャストを直線的に行いにくくなる。そのためバックキャストの最後の位置は高くなり過ぎないようにしたい。

 

今日の反省

  • ゆっくり振れるようになってきた
  • しっかり止めるのは出来ない
  • リストは油断すると開く
  • 止める位置は意識すれば低くなる

 

ゆっくり振るのは感覚として分かってきた。リズム感が身体の中に出来てきた。この調子で頑張りたい。

 

しっかり止めるのは難しい。ロッドを握り込む感覚ができていないのだ。これが出来ないと鋭いループは出来ないと思う。

 

リストは意識すれば閉じるのだが、油断するとすぐに開く。身体がリストを開くリズムになっているのだろう。もう少し時間をかけて取り組みたい。

 

止める位置も意識すれば低くなるのだが、何も考えないと高くなってしまう。身体に染み付いているのだろう。これも時間を要する。

 

フライキャスティングは考えることが多い。リストは開かない、腕は上げすぎない、ロッドティップは直線的に、ラインは伸びきってから逆方向へ振る...考えながら行うのは難しい。1つずつ修正していきたい。

 

#フライフィッシング#フライキャスティング#初心者

 

 

 

フライフィッシング 今日の練習22/5/5


youtu.be

今までの経過

フライフィッシングを始めて長い時間が過ぎた。何度かキャスティングレッスンを受けた。しかし基本的には自己流みたいなものだ。しかし自己流には限界がある。狙った所へフライを飛ばせなかったり、ロングキャスト出来なかったりだ。

止水でフライフィッシングをする時にはロングキャストが出来ると有利だ。また渓流釣りではロングキャストはあまりしないが、正確なキャストが有利だ。

このようにキャスティングを学ぶことはとても大切なことだ。動画を活用して客観的に自分のキャスティングフォームを見ることで合理的なフォームを身につけたい。

今日の課題

ピックアップレイダウンとフォルスキャスト

  • ゆっくり振る
  • バックキャストのストップ位置を高く
  • 徐々に加速する

ゆっくり振る-ピックアップのはじめからゆっくり持ち上げる。最初から一気に振り上げない。今まで練習してきたところ、一気に振り上げてしまいワイドループになってしまう。ゆっくり持ち上げたい。

バックキャストのストップ位置を高く-後ろまで振りすぎてしまいワイドループの原因になってしまう。

徐々に加速する-キャストの前半に力を入れてしまい後半は惰性。力強さに欠けるところがある。リズムよく振りストップの時に最大スピードにしたい。

今日の結果

  • ゆっくり振ることは出来てきた。ロッドの曲がる位置が以前より上の方になってきた。
  • バックキャストで止める位置を高くすること。
  • 徐々に加速する-これは出来ていない

ゆっくり振るという意識は出来てきた。ただ油断すると振り急いでしまうのだが。

バックの位置はずいぶん良くなってきた以前は後ろに倒し込んでワイドループの原因になっていた。倒す位置は良くなってきた。依然としてワイドループではあるが。

徐々に加速する-ストップする時にロッドの曲がりが最大になるようにしたい。まだ振り急いでいるのか?ストップの時にグリップを握り込みたい。

次回に向けて

実はこれといって対策がない。ただ綺麗なループではないので改善が必要だ。加速の方法がよく分からない。ここがポイントと思うのだが。また色々な人の動画を見て研究したい。

#フライフィッシング#フライキャスティング#初心者

渓流釣りに行ってきた!

f:id:jimmy_ribs:20220511211051j:image

渓流釣りに行ってきた

キャスティング練習ばかりで飽きてきた。キャス練の大切さは理解してるつもりだ。渓流釣りでは狙ったポイントにフライを落とさないと釣りにならないのだ。だからキャス錬が大切になる。それでも練習ばかりでは辛いので釣りに行ってきた。

 

いつもの渓流

f:id:jimmy_ribs:20220512130504j:image

何処に行くか!それは決まっている。いつもの渓流だ。岐阜県高山市荘川にある庄川の支流に行ってきた。

 

まだ虫はあまり飛んでなくて、魚の反応も無いままドライフライを打ち込んでいた。ここはイワナがメインで釣れる場所だ。

 

落ち込みや石のまわりを狙ってフライをキャストした。使ったフライはエルクヘアガディス#14だ。ちょっと時期が早すぎたかなと思いながらキャストを続けた。

 

魚が居るという信念は揺らいでいたが、午前10時を過ぎて気温も上がって活性も上がるはず。ハッチは無さそうだが我慢して振り続けた。

 

魚の反応あり!

大きな石のまわりを探ってフライをキャストしていると、イワナ?の反応がある。気持ちを落ち着けてもう一度キャストしてみるが、出ない!

 

しかし頑張って振り続けた。

 

木の下で反応あり!

開けた場所で反応があまり無いので、先行者を考えた。人気の場所なので人が多い。

 

それで竿抜けになっていそうな、キャストしにくい所を攻めた。

 

それでフライを引っ掛けそうに水面に枝の出ている木の下を攻めてみた。釣れはしなかったが2回出た。魚はいる!しかもエルクヘアカディスに反応するのだ。

 

これは心強い。魚がいないのではないか、またいてもドライフライに反応しないのではないか?こういう疑いを持って釣りを続けるのはしんどい。しかし確固たる信念を持って釣りをするのは楽しい。魚の出方が悪ければフライを変えればいいし、狙うポイントを変えてもいい。

 

流れの緩やかなところでキャッチ

f:id:jimmy_ribs:20220512124320j:image

結局この日は1尾をキャッチできた。フライには5~6回出たと思う。キャッチしたのはあまり明るくなくて流れの緩やかなところだった。多分フライはドライで12~14番なら出たのだと思う。パラシュートフライも結んでみたのだが、私の技術が足りなくてすぐに沈してしまった。それで浮力の高いエルクヘアカディスにしたのだ。

 

落ち込みから流れ出す所や、木の枝の下などで反応が良かった。ここぞという場所は攻められているのか、あまり反応が良くない。結局、2番手の場所で反応があった。

 

釣りを振り返って

時期としては5月の連休明けだったので、まずまずだったと思う。気温は9~17℃くらいで重ね着は必要なかった(持参したけど)。水温は測ってないが手を入れると冷たかった。5~10℃くらいだろうか。水量は少なく早くも渇水か、という感じだ。

 

先行者は居た。あとから到着した人が手際よく入渓したので、いい場所は押さえられてしまった。釣り支度を早く行うことが出来るよう慣れておきたい。

 

使用タックル

 

ロッド:7フィート6インチ#4

ライン:WF4F

リーダー:9フィート5x

ティペット:5x3フィート

フライ:エルクヘアカディス#14#12、パラシュート#14

 

#フライフィッシング#渓流釣り

 

 

 

フライフィッシング 今日の練習 22/5/3

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長い日が過ぎた。

 

キャスティングがまずくラインを遠くへ飛ばしたり、思ったところへ飛ばすことが出来ない。だから釣りはあんまり釣果がよくない。

 

そこで今年は一念発起してキャスティング練習に励むことにした。やってみて分かったのだが、永年のクセを直すのは難しい。

 

しかし頑張って練習をしている。動画を使って自分のキャスティングを客観的に見るようにしている。

 

難しい面もあるが何とか頑張りたい!

 

今日の課題

  • ゆっくり振る
  • しっかり止める
  • ループを見る

 

ピックアップレイダウンに取り組んでいるのだが、私の今のキャスティングは力みすぎだと思う。振り始めにロッドが曲がってしまい、その後ロッドの曲がりは戻っていく。

 

だからゆっくり振って徐々に加速するようにしたい。そして、それができたらしっかり止めることに注する。

 

練習の途中で自分のキャスティングを確認する。そのためにはループの形を見るのがよいと思う。今回はラインも視認しやすいカラーのものに交換した。頑張って練習したい。

 

 

 

今日の反省

  • ゆっくり振ることが出来るようなった
  • 止めるのはルーズ
  • ループは見ることができた

 

ゆっくり振れてきたのでループは何とか出来るようになった。ループの幅が広いのでストップの位置をもう少し上にしたい。

 

しっかり止めることが出来ない。ループの形もルーズな感じだ。ゆっくり振ることが身についたら、次はしっかり止めることに集中したい。

 

練習中にループを見ることは、なかなか難しい。特にバックキャストでは難しい。そのため動画をすぐに確認するようにした。ただ明るい所ではスマートフォンの画面を見てもフライラインは確認が難しい。やはり飛んでいくラインの形を見ることに集中したい。

 

次回に向けて

 

  • ゆっくり振る
  • しっかり止める
  • ループの形を見ること

 

この3点に取り組みたい。ゴールデンウィーク明けには釣りに行こうと思っている。4番ロッドとラインにも慣れておきたい。

 

 

 

フライフィッシング 今日の練習 22/4/29

youtu.be

今までの流れ


フライフィッシングを始めて長い日が過ぎた。

 

キャリアだけは長いが、キャスティングが苦手だ。近距離は何とかなるが少し離れると途端に飛ばなくなる。方向も狙った所と違ったところへ飛んでいく。つまり思った通りの釣りができないと言うことだ。

 

そこで一念発起してキャスティングの練習をすることにした。今シーズンはキャスティングに充てるくらいの意気込みだ。

 

今まで何回か指導を受けたこともあった。しかし基本的には自己流だ。これではいけないと思い動画を活用しながら良いキャスティングを身につけようと思っている。

 

今日の課題

  • ゆっくり振る
  • 右手をもう少し後ろまで畳み込む
  • ループを確認する

 

動画を観るとまだまだゆっくり振れてなくて、振り始めからロッドの曲がりがMAXだ。ゆっくり振ってみてロッドの曲がりをストップの位置で最大にしたい。まずはゆっくり振ることに集中したい。

 

右手を止める位置が前すぎるのでリストが開くのかも。顔の横ぐらいまで振ってみる。身体が固いので意識して行いたい。

 

ループを確認する。ロッドを止めればループが出来ると思うのでループを確認したい。狭いループを目指したい。練習中にも録画を止めて確認したい。

 

今日の反省

  • 振り始めに力が入り過ぎ
  • バックでリストが開く
  • それでループが広がる
  • バックのストップ位置はいい感じ
  • フォワードで腕を突き出している

 

反省点が多いが重大な点から直していきたい。まずは振り始めをゆっくりと振りたい。なかなか難しいのでまずは全体にゆっくり振りたい。徐々に加速するのはそれからだ。

 

バックでリストが開くのはなかなか直らない。リストは動かさないようにする。家の中で素振りするときはいいのだが、なかなか難しい。素振りを何回もしておきたい。ロッドは寝るまで出しっぱなしがいいかな。

 

ループは毎回見るようにしたい。特にバックのループは大切だ。これが直れば進歩だと思う。

 

あまりあれこれ直そうと思っても難しいので、今はこんなものかと思う。素振りを頑張りたい。

 

次回の課題

  • ゆっくり振る
  • しっかり止める
  • ループを見る

 

とにかくゆっくり振ることだと思う。ラインは落ちてきても構わない位の気持ちでいいかな。リストの開きだけ注意できればいいかな。

 

それが出来たら次の動作のしっかり止めるに進む。段階を踏んで取り組みたい。

 

ループの形はいつも見る。今までは途中での確認作業みたいな感じで見ていたが、常に見るようにする。

 

その他ー空き時間はキャスティング動画を見るようにしたい。とても参考になるので。

 

#フライフィッシング#フライキャスティング#初心者

 

今日の練習 2022/4/25

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長い日が過ぎた。

キャリアだけは長いが、キャスティングが苦手だ。近距離は何とかなるが少し離れると途端に飛ばなくなる。方向も狙った所と違ったところへ飛んでいく。つまり思った通りの釣りができないと言うことだ。

 

そこで一念発起してキャスティングの練習をすることにした。今シーズンはキャスティングに充てるくらいの意気込みだ。

 

今まで何回か指導を受けたこともあった。しかし基本的には自己流だ。これではいけないと思い動画を活用しながら良いキャスティングを身につけようと思っている。

今日の課題

  • ゆっくり振る
  • 徐々に加速する
  • はっきり止める(ポジティブストップ)

 

先回課題だった加速し続ける事を今回の課題にしたい。

 

具体的にはキャスティングの前半にパワーを入れ過ぎてしまっていて、後半にロッドのしなりが戻っているので、ゆっくりとロッドを振ってみようと思う。これでループもできるようになるのではないかな。

今日の反省

  • ある程度ゆっくり振れるようになった
  • 加速はイマイチである
  • 止めるのは止まっているが力まかせである

 

ゆっくり振ることが徐々にではあるが出来るようになってきた。加速は出来ていない。ポジティブストップは無理に止めているので、リストの形が良くない。リストは今のところ開かないようにしたほうが良さそうだ。

 

キャスティングの上手な人たちの動画を常に観るようにしたい。キャスティングのリズムやロッドティップの軌跡など参考になる点が非常に多い。YouTubeや他の動画などでキャスティング動画が公開されているので参考にしようと思う。

次回の目標

  • 徐々に加速する
  • しっかり止める
  • リストの形を意識する

 

加速する事を意識しすぎると、乱暴なキャスティングになってしまいがち。ゆっくり振ることを意識することが良さそうだ。

 

しっかり止めることに関しては、カベにグギを打つような感覚で止めてみようと思う。止める時にロッドを握り込むことも良いと思う。

 

リストの形については、私の場合には常に閉じているくらいの意識でいいと思う。すぐに開いてしまうので。

自宅での練習

パントマイミングを積極的に行いたい。パントマイミングはロッドのハンドル部分を持って、キャスティングの練習をすることだ。リストの形や肘のたたみ方、腕の振り方などイメージトレーニングとは異なり、具体的にロッドを振ることによって身につくと思う。

雨の日や強風の日など練習が行いにくい日にも、パントマイミングならば練習ができる。そして自分の弱点を修正する時には、パントマイミングは有効であると思う。積極的に行いたい。

フライキャスティング 今日の練習〜2022/4/23

今までの流れ

フライフィッシングを始めて10年以上が過ぎた。だけど我流で基礎が出来てないので、フライラインはキレイなループにならない。

そしてその結果飛ばない!せいぜい15メートルたまに何かのラッキーで20メートル飛ぶが1日振っていて1本か2本くらい。

 

これでは釣りの幅が広がらないし、遠くに見えるあの魚が釣れない!これではいけないと思いキャスティングの練習を始めた。

自覚しているクセとして、バックキャストでリストを開くというのがある。また、アークも広すぎるようだ。飛ばそうという意識がそうさせるのだろう。

当面の課題としてループの形を整える事を第1に練習をしている。まずはP.U.L.Dからだ。頑張りたい。

 

今日の課題

  • ゆっくり持ち上げる
  • 徐々に加速する
  • しっかりストップする

今までの反省として最初から振ってしまっていて、そのためラインが上空へと引かれてしまっている。そこで早めにロッドを止めていればループの向きが斜め過ぎるだけになる。

ところがロッドを振りすぎてしまっているので、オープンループになってしまってる。振り幅が180度以上になってるわけだ。

これでは効率的にラインにパワーを伝達することは出来ない。

そこで今日はアークのコントロールをしようと思い、練習に臨んだ。

今日の反省

  • ピックアップの最初から力が入りすぎ
  • ループは広がりすぎ
  • リストをこねくり回している

 

ピックアップの最初から力が入りすぎるの点だが、普通に持ち上げればいいのに、力を入れすぎている。そしてフライラインが上方に方向づけられてしまっている。

 

さらに加速出来ていれば結果は変わるかもしれないが、ストップする所ではパワーが抜けてしまっている。それでループが広がりすぎ。

 

リストは普通に持ってそのままロッドを立てればいいものを、リストをこねくり回しているのでスムーズな加速も出来ずラインにスラックまで入っている。

 

次回の取り組み

  • リラックスしてキャスティングする
  • リストの握りや角度は変えない様にする。
  • スムーズに加速する

何とかしてループを作りたい。今のままでは駄目だ。目で見てループの出来るようキャストを完成させていきたい。

 

只、無理やり振り回しては悪いクセが着くばかりなのでコントロールしていきたい。上手な人のキャスティングをしっかり読み込んで、自分もできるように練習を重ねていきたい。

 

今回の練習について

キャスティングについては、いろいろな考え方があるがどれもしっくりこない。基礎に戻って練習したい。

 

キャスティングは天からの贈り物だ!まだまだだけど楽しみながらつづけていきたい🤗👍

 

 

 

フライフィッシング 今日の練習 P.U.L.D

今までの流れ

フライフィッシングを始めて長くなった。しかし私の振るフライラインはワイドループだ。飛ばない。

 

そこでキャスティング練習に集中的に取り組むことにした。前回はバックキャストでオープンループフォワードキャストでオープンループだった。飛ぶわけがない。ここを解決していきたい。

今回の課題

  • ピックアップは10時の位置までゆっくり持ち上げる
  • そこから徐々に加速
  • ロッドを1時の位置で止める
  • ストップはグリップを握って
  • ロードティップは直線上を移動する

バックキャストはこれでいいと思う。

これで飛ぶようになるはずだ。

フォワードも徐々に加速し続ける。10時の位置でストップする。フォロースルーは自然体で。

今回の反省

  • 力んでしまう
  • ゆっくり持ち上げることが出来る◎
  • 振り始めるとき乱暴になってしまってる
  • ロッドティップは弧を描いている
  • フォワードで腕を突き出してしまう

 

チェックポイントは分かったのだが、なかなか直らない。動画で見ると改善の跡が見られない。厳しい状態だ。

 

上手な人の動画を観ると本当にスムーズだ。力むことも無いし流れるようにキャストしている。

 

とりあえず対策はひとつずつ。まずはリストの開きを無くすこと。これが出来ないと前に進むことが出来ない。

フライフィッシング 今日の練習 22/3/24

youtu.be

今までの流れ

フライフィッシングを始めて10年以上に過ぎた。何回かはキャスティングのレッスンも受けてきたが、自己流の練習を続けてきた。そのためキャスティングにヘンな癖がついてしまった。

そしてフライフィッシングでの釣果は、キャスティングの上手さにかかってくる。だから私にはあまり魚が釣れない。放流量の多い管理釣り場では何とか釣りになるが、自然に近い釣り場では釣果は寂しい。

これではいけないと思い、今年は一念発起してキャスティングを基本から学ぼうと思っている。YouTubeもそのために始めた。1歩1歩進んで行ければと思っている。目標はフルラインキャストだ。頑張りたい。

前回の反省

  • リラックスしてキャストする
  • グリップはラクに持つ
  • ピックアップ時リストを開かない
  • 構えはロッドティップを下げる

ウォーミングアップではまあまあのラインが出るのだが、いざ本番になると飛ばない!
力んでしまって力任せのキャスティングになってしまったのだ。徐々に加速し続ける感覚も忘れてしまった。

今回の目標

  • もう少し長めのラインに挑戦する
  • ホールを入れる
  • シュートの練習をする

今までの練習方法ではフルラインキャストが遥か彼方だ。今回はちょっとだけ距離に挑戦してみる。そのためシュートの練習もする。

ホールができるかどうか心配だが挑戦する。

今回の反省

目標と練習がかけ離れたものになってしまった。ホールとシュートはもう少し先になりそうだ。

ホールどころか大苦戦!ピックアップでのリストの開きを何とかしなくては!
まずは構え。スタートではロッドを低く構えて持ち上げる。その際に腕をたたみながら持ち上げる。
次にリラックス。グリップはゆったりと握り、決して握りしめない。
手の動きは今の段階では、上下動をするように。バケツを持ち上げる要領で。

簡単な事を目指しているのだがなかなか出来ない!せめてリストの開きだけ無くしたい!

次回の目標

  • まずはピックアップでリストを開かないこと。ループがワイドになってしまって飛んでいかない!どうしても難しければインデックスフィンガーも試してみる。
  • 徐々に加速することも忘れないように。いいリズムをつかみたい。
  • ピックアップで10時の位置から加速すること。初めから加速しない

練習で使用した道具たち

キャスティング

ロッド:ECHO 3 #6 ‘9

リール:ノーチラス

フライライン:VARIVAS. Ultimate Distance WF6F

リーダー:ナイロンテーパーリーダー2X 9ft

撮影機材

スマートフォンiPhone XR

三脚:汎用(メーカー不詳)


#フライフィッシング#初心者#キャスティング